協会からのお知らせ

INTERIOR DESIGN MEETING キックオフイベント開催のお知らせ

|  協会からのお知らせ |  JIPAT NEWS  |  法人会員 NEWS  | 

JIPAT会員の皆様

この度、インテリア関連団体20団体有志合同の集まり、
インテリア デザイン ミーティング(IDM)よりJIPATに連絡があり、
IDMが企画するイベントに参加についてお誘いを受けました。
IDMの活動目的は、今まで横の繋がりのなかったインテリア関連団体が、
相互理解、協力、交流を図るなかでインテリア領域の重要性を発信し、
次世代に伝え、社会資産とすることとされています。
今回はキックオフイベントとして、各協会によるセミナー、
合同の交流パーティーが開催されます。
JIPATはIDMの活動への参加は現在検討中ですが、このイベントに於いては
他団体との交流活動として、セミナー開催の一つに参画することになりました。
「インバウンドホテルデザインの可能性」がセミナーのテーマで
15:40~16:10の開催となります。
つきましては、皆様に積極的なセミナー、交流会への参加をお願いします。
申し込みについては下記URLより参加登録をお願いいたします。

 

171025_1

日本のインテリア関連団体の相互理解、協力、交流を図る、
INTERIOR DESIGN MEETING のキックオフイベントを下記の通り催します。

・日時:2017年 11月 16日(木) 15:00~21:30

・会場:東京デザインセンター(TDC) 東京都品川区東五反田5-25-19

・セミナーご参加:各セミナー担当団体へお申込ください。(参加費:無料)
当日空きがあれば他のセミナーにも自由にご参加いただけます。

・交流パーティーご参加:各セミナー担当団体へお申込ください。
※11/6〆切(参加費: 一般:5,000/人 ・ 学生:2,000/人)

 

■JIPAT ショートセミナーに是非ご参加ください。

・日時:2017 年 11月 16日(木) 15:40~16:10

・会場:東京デザインセンター 5F crafTec

・参加申込:セミナー3 「インバウンドホテルデザインの可能性」と交流パーティーは
以下リンクから直接お申込みいただけます。
>>>お申込みはこちら

>>>詳しくはこちらをご覧ください

 

[インバウンドホテルデザインの可能性]
2020年東京オリンピックに向け、そしてインバウンド旅行客を増大させるという
政府の方針によりホテル建築ラッシュが始まっている。
半面、我々がお迎えするインバウンド客は地域、歴史、文化、宗教など非常に幅広く、
多様な旅行者を受け入れる必要がある。
従って、今までのように星の数だけでグレードを決めるのではなく、
旅行客のライフスタイルと期待を理解し反映した
「ホテルというプロダクツ」をデザインすることが求められる時代に
なってきていることを議論したい。

171025_2
西尾敏靖 にしお としやす(240デザインスタジオ)
1960年 岐阜県生まれ。T&O+STUDIO、松田平田設計を経て、2003年WHC、
2006年240design studio Co., Ltd.設立。
物販、飲食店舗から公共施設、文化施設、特殊商業施設、宿泊施設等のデザインを経験。
独立後は、ホテルや医療といったホスピタリティーデザイン施設を中心とした
インテリアデザイン業務の他、業務系、店舗、住居系などにも携わっている。
客室商品企画を得意とし、直近ではグランドニッコー東京台場、ホテル椿山荘東京、
第一ホテル東京などのリブランド、リノベーションからremmシリーズなど多様な
ホテルのデザイン、監修を手掛ける。
デザインポリシーは、空間に繊細かつ大胆なイメージを描き感性を持つデザインを追求。
受賞入選歴多数。

171025_3
マーク伊東 まーく いとう(メック・デザイン・インターナショナル )
マーク(政保)伊東 東京出身。日本大学理工学部を卒業の後、大手設計事務所にて
構造設計に携わる。
数年の経験の後、1985年渡米。カリフォルニア大学サンタバーバラ校を経て
1989年 Art Center College of Design 卒業。
卒業と同時に米国屈指のホテルデザイン事務所バリーデザインアソシエーツに在籍、
1991年プロジェクトディレクター。
グランドワイレアリゾート、ホテル日航東京(現・ヒルトンお台場)、
帝国ホテル大阪等に参加。
1996年ロサンジェルスにて Mark Ito Design, Inc. 設立。ハイアットリージェンシー東京、
グランドプリンス新高輪、メトロポリタン丸の内などを手掛ける。 2010年より日本に戻り、
現在は MEC デザインインターナショナルにてディレクターオブデザイン、
ホスピタリティーを務める。 傍ら、立教大学にて「観光デザイン論」を教えている。

(2017年10月27日)

このページのトップへ